Facebook

Facebookページとグループの最大の違い

Facebook(フェイスブック)をビジネスで活かすに当たり注意しなければならない点が幾つかあります。
そのおそらく最大のポイントになってくるのがFacebookページとグループとの違い。
どちらもFacebookの機能ですがそれぞれ利点と欠点があるのでうまいこと使い分けましょう。
加えてイベントとの違いも説明しておきます。

最大の違いはオープンかクローズドかです。
グループは最低Facebookをやっている会員でないと閲覧することができません。
一方でFacebookページは完全オープンで検索エンジンにもインデックスされます。

分かりやすくmixiで説明すると、グループはコミュニティ、Facebookページはmixiページに当たります。
mixiの場合は目に見えてデザインからして違うのでよく分かりますがFacebookの場合はFacebookページのウォールとグループの掲示板が見た目全く同じなので今ひとつ区別がつかないんですよね。
加えてイベントもデザインが同じです。

細かいところを見ていくとグループ(及びイベント)は作成時にFacebook内の友達の中から参加者を招待することができるようになっています。
一方でFacebookページは作成後にFacebook会員に限らずメールアドレスや他インフラを利用してページを作成した旨を伝えることが可能となっています。
また、Facebookページは一部サイトデザインのカスタマイズもできるようになっています。
なお、グループとイベントの違いに関してはグループにイベント詳細表示(日時等)機能と参加、不参加機能が加わったのがイベントと考えてしまっていいでしょう。
一方で、公開範囲設定機能はグループのみの機能でイベントはFacebookページと同様完全オープンとなるという違いがあります。

以上より、より深いつながりを構築するためのツールとして使うならグループ機能、より広いつながりを求めるのならばFacebookページという使い分けが考えられます。
一般的にはカスタマー(消費者)向けがFacebookページ、ビジネスパートナー(企業間でのやりとり)向けがグループ機能と言った感じでしょうか。

The following two tabs change content below.
阿部良克
日々の備忘録。ソーシャルメディアの基本的な使い方・集客、売上アップなど。バズる方法をこっそりブログで取り上げています。気になる記事などありましたらシェアしていただけると小躍りします♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 巻き込み確認・・・うむ、ばっちり
  2. 梅雨なのに・・・雨が降らない。買ったレインコートが・・・
  3. わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。
  4. とある日の出来事。
  5. moppy(モッピー)でほんとにお金は貯まるのか?検証

関連記事

  1. ソーシャルメディア

    フェイスブックのフォロー機能をオンにする方法

    フェイスブックのフォロー機能をオンにする方法『フォロー機能をオ…

  2. Facebook

    Facebookの「ハイライト」と「最新情報」の違い

    ハイライトと最新情報の違いとは?ハイライトハイライトとは、Fac…

  3. Facebook

    Facebookページ管理者の権限が5段階で設定可能に

    Facebookページ管理者の権限が5段階で設定可能になりました。…

  4. Facebook

    Facebookのニュースフィードの使い方(初心者編)

    ニュースフィードの役割ニュースフィードとは、友達が何か行動したときに…

  5. Facebook

    個人ページとFacebookページの違い

    個人ページ・本名でのみ登録可能(医院名や商品名、サービス名等はNG…

  6. ソーシャルメディア

    今更、聞けないフェイスブックの裏ワザ!?

    ※写真のお肉は今まさに食べたかったので^_^;こんばんは。よし…

山形グルメ情報「んめちゃネット」

ARCHIVES

  1. 雑記

    ポケモンGOは移住者にはもってこいのツールですよってなブログ
  2. 奮闘記録

    「何も足さない 何も引かない」
  3. インスタグラム

    飲食店必見!!Instagram(インスタグラム)の人気作品を自分でまとめてみた…
  4. ホームページ作成

    酒田みなと市場 小松まぐろ専門店 様のホームページを作成させていただきました。
  5. 奮闘記録

    損得勘定だけではない
PAGE TOP